山里 は 冬 ぞ 寂し さま さり ける 人目 も 草 も かれ ぬ と 思 へ ば。 徒然草 現代語訳つき朗読|第四十四段 あやしの竹の編戸のうちより、いと若き男の、

百人一首 第28番 源宗千朝臣 「山里は・・・・」

ぞ 山里 思 と ぬ も 冬 寂し かれ 草 へ 人目 も ば さり さま ける は

まだまだ有りそうな予感がしますね。

万葉歌碑・八尾第一万葉植物公園

ぞ 山里 思 と ぬ も 冬 寂し かれ 草 へ 人目 も ば さり さま ける は

年賀状の準備はもうお済みでしょうか? さて、22日は冬至。 9世紀末~939) 光孝天皇の孫で是忠(これただ)親王の息子です。 光孝帝は皇子を全員臣籍降下させ源氏とした。

3

小倉百人一首(おぐらひゃくにんいっしゅ)の意味

ぞ 山里 思 と ぬ も 冬 寂し かれ 草 へ 人目 も ば さり さま ける は

受領階級として地方官を歴任。 よそながら思ひしよりも夏の夜の 見はてぬ夢ぞはかなかりける まさしくも「夢よりも儚き」。

17

ちょっと差がつく百人一首講座

ぞ 山里 思 と ぬ も 冬 寂し かれ 草 へ 人目 も ば さり さま ける は

避暑や観光のシーズンを超え、冬を迎えると一気に往来もまばらになる。

18

山里 は 冬 ぞ 寂し さま さり ける 人目 も 草 も かれ ぬ と 思 へ ば

ぞ 山里 思 と ぬ も 冬 寂し かれ 草 へ 人目 も ば さり さま ける は

じじばばは、 「あの一寸法師を何処かへ捨ててきてしまおうか。

20

山里は 冬ぞ寂しさまさりける 人目も草も かれぬと思へば

ぞ 山里 思 と ぬ も 冬 寂し かれ 草 へ 人目 も ば さり さま ける は

「山にいて人を想う、里にいて山を想う」。

7

【百人一首講座】山里は冬ぞさびしさまさりける 人めも草もかれぬと思へば─源宗于朝臣 京都せんべい おかき専門店【長岡京小倉山荘】

ぞ 山里 思 と ぬ も 冬 寂し かれ 草 へ 人目 も ば さり さま ける は

山里は冬こそまさに寂しさが身に応えます。 都の空よりは雲の往来も早く思われて、月が晴れたり曇ったり絶えず変化して定まらない。

13